規制標識 詳細 > 車両通行区分

車両通行区分


車両通行区分 道路標識写真
大阪府堺市北区新金岡町 r28
団地の中を通る幹線道路。
片側2車線のうち、夜間は自動車の通行を中央寄りのみとしている。
2012.03




沖縄県那覇市 R58
2016.01


沖縄県宜野湾市 R330
2016.01

 沖縄県の市街地では、片側2車線以上の国道で普通に見られるので、局地的な特異点と言える。
 その設置スタイルだが、第1車線は「軽車両/二輪/自動車」、第2車線以降は「自動車(二輪を除く)」の標記でほぼ統一。
 オーバーハング型では横長の1枚板で全車線がまとまっているが、歩道橋設置型では車線別に分離されている。
 時間により第1車線が路線バスの専用通行帯になる区間では、それ以外の時間が規制対象となり、補助標識の一体型となる。



沖縄県浦添市 R58
路線バスの専用通行帯規制が終わった直後なので補助標識が無い。しかも、歩道橋設置型なので車線別に分離している。
「自動車」の標記が余計ながら、偶然が重なってデフォルトに非常に近い1枚板となっている。
2016.01

規制標識 詳細 > 車両通行区分