TOP規制標識 詳細 > 最高速度

最高速度


最高速度 道路標識写真
千葉県富里市 R409
教本では「50」がデフォルト仕様。
道路用地の確保が難しい大都市圏では幹線道路でも「40」が相場なので、4車線以上の幹線道路でないとなかなか設置されない。
だがちょっとでも田舎になれば、生活道路でも当たり前のように設置されている。
2012.02



千葉県市川市 京葉道路鬼高PA
「パーキングエリア内」の補助が付いた10km/h。
外環道のジャンクションが建設されるため、残念ながら平成24年3月末で閉鎖。レア物だが他に見つからない。
2006.11



東京都小平市
全国的に狭い生活道路ではよく見られる。徐行まではいかない程度だが、20km/hというのはかなり低速である。
都区内では稀にこれより低速走行を強要する「徐行」が設置されることもある。だが、「10」はさすがに公道では無い。
2015.01



茨城県常総市
マイナーな生活道路やごちゃごちゃした中心市街地では全国的に見られる。
通行が危険な幹線道路でも、短い区間でよく設置される。
2012.01



群馬県伊勢崎市
片側1車線の幹線道路、特に都道府県道では全国的に見られる。
整備の整った生活道路にも多いが、都市部で「30」が設置されるような道路でも、地方ではこちらが設置されやすい。
2012.03



東京都港区台場 R357
東京湾岸道路。片側2車線で交差点も少ないことから、高速道路と勘違いしないよう意図的に設置されているようである。
普段は渋滞ばかりしてはいるが…。
2012.06



神奈川県小田原市 R271小田原厚木道路
暫定片側1車線の高速道路や自動車専用道路で頻繁に設置されるため、現在はレア度が下がっている。
歩行者が近寄れない道路が多いが、この道路では厚木市内では側道から見ることも容易である。
2014.03



山梨県富士吉田市 中央自動車道
 80にもなるとさすがに高速道路でしか見られないが、その多くが速度規制を想定して可変標識になっている。
アルミ板の常設も確認しているが、撮影が難しいもので…。
2014.07

TOP規制標識 詳細 > 最高速度